カートをみる ポイント会員ページへのログイン・新規登録はこちら ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベルギーアンティーク食器 ボッホ Boch スーププレート

1920〜30年頃にベルギーのボッホ窯にて製造された「Carlotta」というシリーズのスーププレート。
深い緑のギルランド模様で縁取られた、クラシカルなプレートです。当時、ヨーロッパは
アール・デコ真っ只中。とても繊細で優雅なギルランド模様を眺めていると、その時代の空気感が
伝わってくるよう。底面には「BOCH FRERES LA LOUVIERE」の刻印が入っています。

ボッホ(Boch Frères)は1841年にベルギーで創業した窯(現在のロイヤル・ボッホ)で、
その歴史はフランソワ・ボッホ氏が1748年ロレーヌ公国で立ち上げた製陶工場にまでさかのぼり、
日本でも有名なドイツの陶磁器メーカー「ビレロイ&ボッホ」ともつながりがあります。
⇒ボッホの歴史については、以前のブログ“ボッホ窯の長〜い歴史”をご覧ください。

肌にはツヤがあり、カトラリー傷も少なく良いコンディションです。
100年近く前のものにも関わらず、これだけ状態が良いのはよほど大切に使われていたのでしょう。
同シリーズの平皿と組み合わせてお使いいただいても素敵です。
※プレート一枚の価格です。

ベルギーアンティーク食器 ボッホ Boch スーププレート

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■製造年:1920〜1930年頃
■製造国:ベルギー
■サイズ:直径約23.7センチ
■状態:
使用感が少なく、とてもきれいな状態です。
・プリントのズレ、製造時に付いた色飛びや小さな黒点があります。
・貫入(*)はなく、ヒビもありません。
■商品番号:boc-6i

   




〜〜〜ブレッドアンドボードの商品をご覧いただきありがとうございます。〜〜〜
ホームページに掲載しているのは、当店在庫の中の一部商品です。
商品の種類や在庫数など、取扱商品についてご不明な点がございましたら、
ブレッドアンドボードまでどうぞお気軽にお問い合わせください。


<ご注文をいただく前に>
ブレッドアンドボードで扱っているアンティーク・ヴィンテージの食器や雑貨は、
19世紀後半から20世紀中頃までにヨーロッパで製造され、長い間、人々の日々の
暮らしのなかで実際に使用されてきたものです。

当時の製造技術では、製造段階で傷が入ったり(食器の裏面によく見られる焼成時の支柱跡など)、
同じ型の商品であっても色の濃淡や形状にムラが多く見られます。
陶器であれば、貫入が入っていたり、また経年によるキズやシミなど、一つ一つ状態が異なります。

できるかぎり正確な状態をお伝えできるよう、写真(※)や商品説明を記載いたしますが、これらは
長く大切に使われていたものならではの「風合い」であり、アンティーク・ヴィンテージならではの
「魅力」としてご理解いただければと思います。

また、「アンティーク」とは厳密には100年を超えた品を定義した言葉であり、「ヴィンテージ」には
明確な決まりはないものの、目安として約30年〜100年未満のものを指します。そのほかにも
「コレクタブル」「ジャンク」等、古い品を指すさまざまな表記がありますが、当店ではそれらを
まとめてアンティークまたはヴィンテージと表記しております。

商品の製造年については、正しい情報をお伝えできるよう心掛けておりますが、日常で使われていた
食器・雑貨という性質上、資料が乏しいものも多く、必ずしも正確でない場合がございます。
ご注文をいただく前に、上記について予めご理解とご了承をお願いいたします。

(※)ご使用のPC環境によって、実際の商品とは色合い等が多少異なることがあります。

ページトップへ